Beauty Lesson

Beauty Lesson

本当に知ってる? 「化粧水」と「乳液」の役割

洗顔の後、化粧水をつけて乳液で仕上げる」というステップは、毎日のスキンケアの基本ですね。

乳液の代わりにクリームを使ったりといった多少の変化はあれど、化粧水と乳液の順番を知らないという女性はおそらくいないでしょう。
この順番でスキンケアする理由として「化粧水で肌を潤して、乳液でフタをする」ためだと理解している方も多いかと思います。

でも本当に、化粧水と乳液の役割はそれだけなのでしょうか?
今回は、化粧水と乳液の働きについてお伝えします。

肌を整え、スキンケアの効果を高める「化粧水」

 


化粧水の7~8割は水でできています。
そこへ、水に溶けやすい美容成分を配合したものが化粧水です。

化粧水の働きとして、まずは「洗顔で失われた肌の水分を補う」ということが挙げられます。
とは言え、それは保湿のためだけではありません。

水分を肌表面の角質層に浸透させることで肌を整え、含まれている水性の美容成分を肌に届かせるのが化粧水の働きだと言えます。

また、角質層を水分で満たすことで、その後に使う乳液などの成分を浸透しやすくさせたり、保湿成分をすみずみまで行き渡らせやすくしたりする働きもあります。

【化粧水の効果】
・洗顔で失われた角質層の水分を補う
・水分とともに美容成分を肌に届ける
・肌を整え、乳液やクリームの効果を高める

潤いを保ち、肌を保護する「乳液」

 


化粧水の大半は水分ですが、乳液には水分に加えて油分も含まれています。

本来、肌の表面には汗と皮脂が混ざり合って作られる「皮脂膜」という薄い膜があって、肌の内側の水分の蒸発を防いだり、外側からの刺激を受けにくくしたりといった働きを持っています。
しかしクレンジングや洗顔直後の肌は、この皮脂膜が洗い流されてしまった状態です。
洗顔後に化粧水をつけただけでは、肌表面から再び蒸発して失われてしまいます。

そこで、乳液の油分で膜を作ってあげることで肌の内側に化粧水の水分や美容成分を閉じ込めるのが乳液の役割です。
つまり、乳液は洗顔などで洗い流された皮脂膜が再び形成されるまでの「つなぎ」の役割を果たすのです。

また、肌本来の潤い成分である「セラミド」などの成分を肌に届ける役割もあります。

【乳液の効果】
・洗顔で失われた皮脂膜に代わって肌表面を保護する
・化粧水の水分や成分が失われるのを防ぐ
・セラミドなどの美容成分を肌に届ける

いかがでしたか?
水分や油分だけでなく、「セラミド」などの美容成分を届ける働きがあるということがポイントです。

ちなみにモーニュには、こんにゃく芋から抽出されたセラミド成分「加水分解コンニャク根」が全商品に配合されています。「加水分解コンニャク根」は、植物由来の保湿成分で、米や小麦の7~15倍ものセラミドが含まれています。

コンニャク由来セラミド原料の保湿度比較


この、こんにゃく芋から抽出されたセラミド成分「加水分解コンニャク根」は、2010年に特許を取得した天然の保湿成分なのです。
使い心地は、さらりとしているのに、使ったあとはもっちり、しっとり。使い続けるうちにハリとツヤのあるイキイキとした肌に導いてくれます。

こだわりの成分のみを使用したスキンケアシリーズ!

 

モニター120人の使用実感


加水分解コンニャク根に加え、無添加や低刺激にこだわったコスメが「モーニュ」シリーズです。
ご愛用いただいているお客様からの感想は、
「とろみがあって、本当に潤ってすごいと思いました」
「敏感肌なので肌に合わないものが多いのですが、こちらは大丈夫でした」
「荒れていたのに潤い、ファンデーションが粉を吹くことがなくなりました」
と、安心して長く使っている方がとても多くいらっしゃいます。

ゆらぎ肌、不安定な肌の方にも大好評の「モーニュ」シリーズ。
「試してみたい」という方のために、約7回分の洗顔料、化粧水、乳液、クリームがついたトライアルセットを
ご用意しています。なんと!お1人様1セットに限り、初回限定の特別価格・660円!送料も無料です。

 

 

クレンジングクリームと日焼け止め乳液7回分のプレゼント付き。

カサカサの乾燥肌やハリのないたるみ肌は、気分がブルーになって表情まで暗くなってしまうもの。
日頃のスキンケアで憧れのぷるぷる潤い肌を目指してみませんか?

 

Moonyu トライアルセット 約7回分:660円(税込) ⇒ 詳しくはコチラ

おすすめ記事