トピックパス

ホーム> Beauty Lesson一覧低カロリーで美肌効果も!?「こんにゃく」の魅力

低カロリーで美肌効果も!?「こんにゃく」の魅力

低カロリーで美肌効果も!?「こんにゃく」の魅力
とても低カロリーなのに、しっかりお腹に溜まる「こんにゃく」は、ダイエットのために取り入れたことがあるという女性も多いですよね。
でも「こんにゃくの秘密」はそれだけではありません。

今回は意外と知らない「こんにゃくの成分や美容・健康効果」について紹介していきます。

ヘルシーかつ優秀!こんにゃくの成分

低カロリーで美肌効果も!?「こんにゃく」の魅力
こんにゃくは約90%が水分で出来ているため100gで5~7kcalと、とても低カロリーでヘルシーな食材です。

グルテン・糖分・脂肪などが含まれないため、最近はアメリカやイギリスなどでも「しらたき」がパスタの代用品として利用されるなど、健康食品としても注目されています。
こんにゃくを凝固する際に「水酸化カルシウム」が使われているので、不足しがちなカルシウムを摂取することもできるため、骨を強くし骨粗鬆症予防にも効果があります。

■化粧品でも有名な「セラミド」
※どちらかお選びください

最近では基礎化粧品にもよく使われている美容成分「セラミド」。
セラミドはお肌の潤いを保ち、肌のバリア機能を強くして皮膚を守ることで美肌をサポートしてくれる女性には欠かせない美容成分ですが、 実はこんにゃく芋はこの「セラミド」が豊富に含まれており、美肌効果もとても高い食材なのです。

肌のバリア機能が強くなると、メラニン色素を抑制する働きもアップするため美白効果も期待できますし、アレルギー物質から皮膚を保護する効果もあるためアレルギー対策にも効果的です。

■グルコマンナンでスッキリ美ボディ
「胃のほうき」とも言われるこんにゃくは、食物繊維がとても豊富なことでも有名です。

こんにゃくに含まれる食物繊維は「グルコマンナン」と呼ばれ、生芋の状態では水溶性食物繊維ですが、こんにゃくの製品になると非水溶性食物繊維に変わります。
非水溶性食物繊維は腸内まで溶けずに運ばれるため、腸壁を刺激し便秘を解消したり、体内の有害物質を効率的に排出する作用があります。

またグルコマンナンは水と一緒に摂ることで粘り気が強くなり、より満腹感を得やすくなるのでダイエット時などの空腹解消には水と一緒に食べるのが効果的です。
便秘の解消により、吹き出物などの肌トラブル解消にも効果が期待できます。

知っておこう!こんにゃくの注意点

低カロリーで美肌効果も!?「こんにゃく」の魅力
メリットがとても多いこんにゃくですが、摂りすぎには注意が必要です。
1日1キロ以上を食していると腸閉塞を起こしてしまう場合があるので、1日の摂取量は多くても1枚(300g)程度に抑え食べ過ぎに注意しましょう。

またこんにゃくにはミネラルやビタミンなどの栄養成分が殆ど含まれていないため、こんにゃくばかりを食べていると栄養のバランスが悪くなる恐れがあります。
バランスの良い食事を基本にして、健康や美容・ダイエットのサポート役として「こんにゃく」を取り入れていきましょう。

ローカロリーで美容成分や植物繊維が豊富な「こんにゃく」。

低カロリーで美肌効果も!?「こんにゃく」の魅力
その他にも大腸ガンを抑止したり、コレステロール値を減少させる効果もあり健康面でもとても優秀な食材です。
毎日の生活の中に取り入れて、体の内側からキレイに変身しましょう!

ページトップ

商品に関するお問合せ・ご相談はこちら

株式会社 アデニール 〒161-0034 東京都新宿区上落合3-8-25
  • TEL:0120-080-417
  • ご相談・お問合せフォーム