トピックパス

ホーム> Beauty Lesson一覧>安全でお肌に優しい「無添加化粧品」のメリット

安全でお肌に優しい「無添加化粧品」のメリット

安全でお肌に優しい「無添加化粧品」のメリット

毎日お肌に直接使う化粧品、どのような基準で選んでいますか?
健康・安全を求める声が強まっている昨今、安全さと使用感の優しさから「無添加化粧品」を選ぶ女性が増えています。

今回は、無添加化粧品を選ぶメリットや注意点などについて紹介していきます。

無添加化粧品のメリット

無添加化粧品のメリット

無添加化粧品とは、2001年3月まで厚生省によって定められていたアレルギーなどを引き起こす可能性のある102種類の「表示指定成分」が入っていない化粧品のことを言います。
無添加化粧品の良い点は、肌への負担が少なくターンオーバーを妨げず、お肌がもともと持っている機能(自然治癒力)を高めてくれること

人工合成添加物が多く使われている化粧品は、刺激が強いため角質を傷つけターンオーバーを乱れさせてしまったり、過剰な効果によってお肌の機能(自然治癒力)を低下させてしまう恐れがあります。
人工合成添加物で肌が刺激を受けると、ダメージを防ぐために角質が厚く硬くなります。
結果、その化粧品が持つ保湿や美白などをサポートする美容成分の浸透を阻害してしまうという側面もあります。

無添加化粧品は肌へのダメージが少ないため、美容成分の効果を最大限に引き出し健康で強く美しい肌状態へ向かうためのサポートをしっかり行ってくれるのです。
肌への当たりが優しく刺激が少ないため、敏感肌やアトピー性皮膚炎などの方にも使いやすいのもうれしいところです。

化粧品の効果は1日ではなかなか実感することはできませんが、良い成分も悪い成分も少しずつ肌に蓄積されていってしまいます。
毎日使う化粧品は肌への負担が少ない無添加のものを利用するのが、3年後の美肌を作る大きなポイントと言えるのではないでしょうか。

無添加化粧品を選ぶ時に注意したいポイント

無添加化粧品を選ぶ時に注意したいポイント

企業や商品によっては着色料・香料を使っていないだけで防腐剤や合成界面活性剤などを使用している場合でも「無添加化粧品」と謳っていることがあります。
しっかり成分表示を確認し、肌により良い商品を選んでいくことも大切です。

防腐剤や安定剤などが使われていない場合は、使用期限が短く設定されていることが多いため注意が必要です。
天然成分や自然由来の成分は化学合成成分よりも劣化が早いため、冷蔵保存が必要な場合もあります。
保存方法もしっかり確認し、なるべく早めに使い切るようにしましょう。

量産しやすく安価な化学成分を使わず天然成分や自然由来の成分から抽出された化粧品は、値段も高いものが多いです。
値段とクオリティが見合うものを選ぶのも大切なポイント。
どんな成分で作られているのか。

また、企業の姿勢や抽出方法などについてインターネットや成分表示できちんと確認し、納得してから使用するように心がけましょう。

毎日使う化粧品によって蓄積される、肌への影響は実はとても大きなもの。
肌に優しく刺激の少ない無添加化粧品を選ぶことで始まる「美肌体験」、あなたも始めてみませんか?

ページトップ

商品に関するお問合せ・ご相談はこちら

株式会社 アデニール 〒161-0034 東京都新宿区上落合3-8-25
  • TEL:0120-080-417
  • ご相談・お問合せフォーム