トピックパス

ホーム> Beauty Lesson一覧>何歳になっても憧れ!理想の「赤ちゃん肌」を育てるポイント

何歳になっても憧れ!理想の「赤ちゃん肌」を育てるポイント

何歳になっても憧れ!理想の「赤ちゃん肌」を育てるポイント

プルプルでみずみずしくハリがある「赤ちゃん肌」は、女性の憧れですよね。

そこで今回は、美肌の理想形とも言える「赤ちゃん肌」に近づくためのポイントをご紹介していきます。

なぜあんなにキレイなの?「赤ちゃん肌」の秘密

なぜあんなにキレイなの?「赤ちゃん肌」の秘密

完璧に見える赤ちゃんの肌ですが、実は表皮も真皮も大人の約半分程度の薄さしかなく、とても乾燥しやすいという特徴があります。

それにもかかわらず肌がカサカサに乾燥している赤ちゃんが少ないのは、小さな体の中が水分でたっぷり潤っているため。
実は乳児の体内水分含有量は約70%ととても高いのです。

また、汗をかきやすいため老廃物が溜まりにくいというのも秘密のひとつ。
肌に汚れやくすみ・古い角質などを溜め込まないため、いつもハリがあり滑らかな肌触りになるのだそうです。


その1 「血液を元気にする!

その1 「血液を元気にする!

肌の乾燥を感じた場合、化粧水などで保湿を心掛けるのはとても大切なことですが、その効果を高めるために同時に意識してほしいのが「内側の保湿」です。
つまり体内の水分量を意識的に上げていく習慣が必要なのです。

体内の水分量をキープするには、血流を正常にしておく必要があります。
そのためには常温の水を1日に1.5~2?ほど飲むのが良いとされています。
しかし、一気にたくさんの水を飲むのは体にも負担が大きく、取りすぎた水分は尿になって排出されてしまうため、なるべくコップ1杯ずつ6~8回くらいに分けてこまめに飲むようにすると良いでしょう。

水分をしっかり取ると血液やリンパの流れが良くなり、老廃物の排出も促されるため新陳代謝も高まり「赤ちゃん肌」に近づくことができます。

その2 「角質ケアもしっかり!」

古くなってしまった角質は固くなり、更にお肌を乾燥させてしまいます。
乾燥したお肌には化粧水などの保湿成分が浸透しにくくなるため、更に肌が乾燥してしまうという悪循環に陥ってしまいます。

「赤ちゃん肌」に近づくためには、お肌のターンオーバーを正常に整える必要があります。
ゴシゴシこすったりすると、お肌のバリア機能が低下し、乾燥や炎症がひどくなってしまいます。

古い角質を溜め込まないよう正しい洗顔をし、化粧水や乳液でたっぷり保湿を行いましょう。

その3 「もちろん保湿ケアも大切!」

その3 「もちろん保湿ケアも大切!」

赤ちゃん肌を目指すために、やはり欠かせないのが「保湿ケア」。

中でも特にオススメしたい保湿成分は「セラミド」です。
セラミドは皮膚の中に元々ある成分で、細胞と細胞をつなぐ役割があり「細胞間脂質」と呼ばれています。

このセラミドは肌の保水力をサポートするだけでなく、紫外線や乾燥から皮膚を守る「バリア機能」としての働きも期待できるので、美肌を作るためには必要不可欠な成分です。
しかし加齢と共にセラミドの分泌は減ってしまいますので、毎日の基礎化粧品からセラミドをお肌に取り込むケアを行っていきましょう。

「赤ちゃん肌」を作るためのケア方法、いかがでしたでしょうか。
毎日の習慣を見直して、憧れの「赤ちゃん肌」を手に入れましょう!

  • トライアルセット

ページトップ

商品に関するお問合せ・ご相談はこちら

株式会社 アデニール 〒161-0034 東京都新宿区上落合3-8-25
  • TEL:0120-080-417
  • ご相談・お問合せフォーム